日記ちょう

つらつら書きなぐります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NScripter2での「"*幅,高さ,色指定"」のスプライトでのHPなどのバーの作り方!

以前の記事では伸び縮みするバーでしたが、100のときしか上手く作れなかったので、
試行錯誤しながらどの数字でもバーとなるやり方をメモします。

;変数
ste[1]=現在の体力
ste[2]=最大の体力

;割合を割り出す。少数点以下も算出されます
%0=ste[1]/ste[2]
;300はバーの幅となり、ゲームによって変動します。
%1=%0*300
;この関数で整数にします
%1=floor(%1)
;この関数で数値変数から文字変数化します
%2=STR(%1)
;↓%2は文字変数なので、%2はこのように繋ぎます
if %1>0 then sp "ste:hpb",{name="*"+%2+",20,#FF999999",x=500,y=90,z=100}
;↓体力が0の場合はスプライトを削除します(エラーが出るので)
if %0<=0 and %1<=0 then spdelete "ste:hpb"
;↓バーの背後です。
sp "ste:hpbg",{name="*300,20,#FF000000",x=500,y=90,z=101}

ちなみに%0など%が頭につく変数はローカル変数といい、マニュアルによると「return文で消去されます。」とのことです。
こういった保存するほどではない変数で使うと見分けがついて便利です。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/23(火) 13:16:12|
  2. NScripter2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<非公式スクリプト素材・ADV形式とノベル形式混合スクリプト1.07 | ホーム | 非公式スクリプト素材・ADV形式とノベル形式混合スクリプト1.06>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinsekag.blog.fc2.com/tb.php/22-11361be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。